森からのおとどけニュース

時流にあった情報をお届けします

神がかりの栄養を持つ米麹で作られた甘酒

      2016/11/16

私達の身体に最も栄養のある飲み物の1つ
に、麹で出来た甘酒があります

甘酒には酒粕で作られたものと米麹で作ら
れたものがあります

ここでは、麹を糖化させる米麹で作るもの
を紹介します

スポンサーリンク

市販の酒粕で作られたものには、概ね、お
砂糖が入っています

そして、塩も入っているものがよく見られ
ます

買う場合は、添加物が入っているものも多
いようですから、表示はよく見て下さいね

米麹で作る甘酒は、砂糖は全く使用してい
ないにも関わらず、糖化されてとても甘く
なります

また酒粕でできたものは、アルコールが数
パーセント残留していますので、アルコー
ルに弱い方やお子さんは、飲むことができ
ませんね

米麹の甘酒は、白米に麹菌が加わることで
ビタミンBは約6倍以上、葉酸は3倍近くま
で増えていきます

これらは、まぎれもない天然のビタミン郡
です

麹の酵素は、お米の澱粉をブドウ糖に変化
させ
さらに、タンパク質は必須アミノ酸に分解
してくれます

2016-06-19_18h19_08

米麹の甘酒に多く含まれるビタミンB2は、
肌の機能を活性化してくれるため
その効果として、次のような効果がみられ
ます

①肌にハリとツヤ、弾力をもたらし、さ
らに保湿作用があります
また含まれるビオチンはコラーゲンの
元となり、美肌が期待できます

②メラニンの生成をおさえてくれるため、
シミの心配がありません

③満腹感を得やすく、脂質の代謝を促す
ため脂肪を燃焼させやすく
ダイエット効果にもつながります

④オリゴ糖と食物繊維も含まれ、その働
きにより、便秘の解消ともなって
腸内環境を改善してくれます

⑤数種類のアミノ酸により、疲労回復、
ストレス軽減の効果もあります

こんなに栄養のある、麹の甘酒はよく
「飲む点滴」って言れますね

そんな甘酒がカンタンに作ることが出来る
のをご存知でしょうか

自分で作る甘酒ほど美味しいものはありま
せんから
簡単ですので、作ってみましょう!

2016-06-19_18h18_25

●用意する器具

①魔法瓶
②温度計
③鍋

●用意する材料

①米麹150g
②水150cc

●作り方

①鍋で水を60度になるまで火にかけます

②次に米麹を入れて、必ず米麹は後から
入れて、かき混ぜて下さい

③温めておいた魔法瓶に甘酒を入れて、
8時間待ちます

スポンサーリンク

★冷たく冷えた魔法瓶に入れた時、温度が
下がります

甘酒の温度が低いと米麹の粒が、固く な
ってしまいます

逆に、温度が高いと酸味がある甘酒になり
ます

★麹の糖化が最も進むのは60度ですが、魔
法瓶に入れて、時間とともに温度が下がる
ので、火から下ろす時は、65度くらいが望
ましいですね

★冬場は途中で再加熱するなど、温度を上
げる工夫が欲しいですね

★米麹は米から作ります、お米を蒸して、
麹菌をふりかけたものが米麹、米麹には、
お米には含まれなかった成分が400もあり
ます、驚きですね

酵素の発酵というのは、こんなにも素晴ら
しいものなのです

★米麹の他、玄米麹で作るのも本格的な味
が楽しめます

甘酒として、そのまま飲むのも良いですが
●プレーンヨーグルトにかけて食べる
●アイスクリームにかけて食べる
●ジャムの代わりにパンにつけて食べるな
ど工夫できますね

また、魔法瓶の代わりに炊飯器、ヨーグル
トメーカーなどでも作れます

スポンサーリンク

 - ニュース