森からのおとどけニュース

時流にあった情報をお届けします

血管の老化を防ぐ4つの習慣

   

あなたは、自分の血管について健康だという自信がありますか?

自分が知らないうちに血管の老化進んでいるかもしれません

 

血圧だけをみて、自分は正常値以内だから大丈夫と思っている人も、動脈硬化などに

進行しているケースもありますから、油断禁物です

 

 

もし、大きなストレスを抱えているようなら、尚更、要注意ですよ

もし、何らかの原因で血管が詰まったとしたら

細胞のすみずみまで栄養素と酸素が行き渡りません

そうなってくると、肩こり、肌荒れ、シワの原因となるだけでは、すまされません

2016-11-08_10h56_49

最悪、心臓や脳の血管が詰まってしまったら、命に関わります

身体中の細胞に栄養素や酸素を運んでくれる血管を、しなやかに若々しく保つ事は、

当たり前ですが、健康でいられる秘訣なのです

 

先ずは、自分の血管の状態を知ることと、正常に働いてくれる血管を保つことです

 

 

気温の変化により、血管が収縮、拡張をして体温を調節します

その急激な働きは頭痛の元となります

またそういった動きは血管にとって負担となり、それは動脈硬化や脳卒中の原因とな

ります

 

TVのCMでも流れていますが、交通事故で亡くなる人数より、お風呂で亡くなる人が多

いという結果は、そういった血管への大きな負担が、かかった時に起こるものです

 

自分の血管の老化はあなたの身体とともに、当然ですが、老化していきます

常に健康であるためには、血管についてよく知っておきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

しなやかな血管を保つために、そして、血管の老化を防ぐために、あなたが日常において

継続して行うべき事は

 

①和食と野菜中心の食生活を腹7分目にする

②ストレッチ、ウォーキングをする

③ストレスを避ける

④飲酒の過多とタバコはやめる

 

血管は縦に伸ばしてやれば柔らかくなりますからストレッチは有効です

食事はビタミンC、Eなど多めに摂取するのもいいですね

 

血管の老化の起因は活性酸素によるものですから、この4項目を毎日、継続していれば

血管はもちろんのこと、健康で、若々しくいられるというものです

 

siala / Pixabay

もし、そういった生活とは真逆な生活習慣であるなら、あなたの血管は血栓や塊等が、

出来てしまい血管はカチカチとなり、動脈硬化が進んでしまいます、そうなると糖尿病

高血圧は免れません

 
それだけでなく、狭心症、脳卒中といった状態になってしまいます

自分はまだ若いからと過信は禁物ですよ!
なぜか他人事と捉える方が多いようですが

自分の身体は自分自身で管理するしかありません

 

薬を飲んでいるから大丈夫という人もいるようですが

薬はまた別の弊害をもたらします

薬に頼らない自己管理をしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 - 血管の老化