森からのおとどけニュース

時流にあった情報をお届けします

ADHDの特性は、私もあなたも持っているかもしれない

      2016/11/08

ADHDという行動障害をご存知でしょうか?
ローマ字での略語が、最近ではとても多いので混同してしまいますね

つまり、注意欠陥、多動性障害の略からきています

 

スポンサードリンク

特徴としては

①多動性=じっとしている事が苦手、常に落ちつかない

 成人した時、自分を制御する力がつきますから、子供
 の頃のような多動性は収まりますが、なんとなく落ち
 着かないとか、早口、貧乏ゆすり、止まらなおいおし
 ゃべりといった傾向は残ります

②不注意=ミスが際立って目立ち、忘れ物が多い

 注意力が持続できず、こころここにあらずで誤解され
 ることも多い

③衝動性=思ったことをすぐ、口に出してしまう、すぐに
 やってしまう

 このような特徴がADHDの方には顕著に表れています

 

2016-10-11_02h29_21

 

 

大人になって一番、支障をきたしそうなのは、何でも先延ばしにしてし

まうことでしょう、期日があるのに直ぐに取り掛からないとか、締切に

間に合わないとか、目先の興味のあることを優先してしまうという特徴

です、これは必ずしも病気なのではなく、特性と捉える専門家もいます
これを見ると、もしかしたら、私もそうかもしれないと誰もが思います

私も当てはまることばかりで、調べていて驚いているところです

 

誰にでもありうることですが、こういった特徴が頻繁、且つそれが日常

となると、本人は、人に言えない辛い日常の事なのです

 

周りからは、誤解されることも多く、周りにうまく適応できずに本人は

ずっと、必死になってつくろいながら生きています

 

スポンサードリンク

 

程度が軽い場合であれば、周りの人とも問題なく付き合っていかれます

もしも、自分がADHDだという確信を持ったとしたなら、自分のことをよ

く知る事からはじめてみましょう、自分をよく見ることです

周りとうまく適応できるように一つずつ解決していきましょう

 

ADHDの人は上記のような特性があって、幼い頃から

周りに受け入れてもらえなかったり、叱られたりす

るため、自己嫌悪と自己評価が下がって2時障害へ

となるケースが多いのです

 

2時障害とは、うつ状態、リストカット、摂食障害などの精神障害など

を併発します、日本では、そういった子供たちを困った子だと決めつけ

もしくは親の躾のせいと避難します、それはこういった特性に対し無知

であると言わざるを得ません

 

また、だらしがない、遅刻が多い、怒りっぽい、アルコールや薬の中毒

気分屋、計画的にできない、紛失癖、暴力行為、不器用といった特徴も

あります、自尊心が低くなりがちですから、周りの温かいサポートは、

必要です、持てる能力を伸ばすようにサポートするべきですね

 

小さい頃から、自分に居場所がないと思いながら

ビクビクしながら、必死になってそれを隠し続け

助けを求めることもできずにいるのです

 

2016-10-11_02h33_13

 

 

そうであるなら、精神科に行くことです、精神科に行くというのは、一

昔前は、家族も恥ずかしいとか、世間体が悪いとかというふうに、囚わ

れていましたが、相談して指導してもらうのが早く幸せに生きることが

できるのです、決して、恥ずかしいと思うべきものではありません!

 

確かに、日本での精神科医療は遅れていると思います

 

適切な指導をしてくれる、相性の合う主治医をいかに

探し当てるか、そういった努力は必要です

この医者は、私には合わないとか、わかってないなと

思うなら、他の精神科を探しましょう、そういったこ

とは行政でも相談窓口はあります、悩んでないで相談

することです

 

スポンサーリンク

 

 - 発達障害