森からのおとどけニュース

時流にあった情報をお届けします

低体温かもしれませんよ、その不調

      2016/11/15

寒い季節に限らず、昨今は冷房設備が完備していますから、通年に渡って

現代人は身体を冷やしていますね

 

私たちは生まれた時は37度以上あるのが普通です、3ヶ月位で37度になって

24ヶ月位で36度台で安定していきます

 

2016-11-04_03h28_41

 

そうした体温は、私たちの自律神経のバランスを保っていてくれるのですが

現代の若者や子供たちには「低体温」と言われる、およそ35度台という低い

体温の人が多くなっているようです

低体温は、様々な悪影響を身体に与えてしまいます

 

症状としては、代謝が悪くなるのから始まり、疲れやすい、集中力がなくなる

体力がなくなる、風邪をひきやすくなるといったものです

心当たりがあるなら、すぐさま改善していくべきです

 

先ずは、自律神経のバランスを整えます

 

低体温の人は総じて夜更かし、朝寝坊という習慣がありますから、早寝早起き

を心がけるようにします

 

寝るのが、10時過ぎた頃ですと、ホルモンのバランスが崩れ、明け方には身体が

温まるはずが、暖まらないまま朝になります

 

ホルモンであるメラトニン分泌のピークは、午前の3時ころから始まり、体温は

最も低くなります

 

また体温を上げてくれるコルチゾールなどのホルモンは、体温を上げて目覚める

ように促してくれています、そういった自然の営みが崩れて、低体温の原因の

一つとなっています、生活のリズムは正常に保つことが大事な事なのです

 

スポンサードリンク

 

もしあなたが原因がよくわからないけれど、体調が良くないと思うならば

低体温

も疑ってみてください、臓器不全に陥ったりもする怖いものなのですから

 

子供も昔のように日が暮れるまで遊び回ることがなくなりました、最近ではそんな

子供たちは見かけませんね、運動不足や小さい頃からのお受験からくるストレス

は、身体の深部から体温を奪ってしまいます

 

高齢者だって、運動不足や加齢から低体温の要因はあります、免疫力も低下します

から意するべきですね

 

生活のリズムが正常であるにも関わらず、調子の悪い人は胃腸が冷えているかも

しれません、便秘だったり、下痢だったりしていませんか?

毎朝、体温を定時に測ってみてくださいね

 

低体温にならない対策としては

①早寝早起きで生活のリズムを保つ

②運動をする

③ストレスを溜めない

④薄い洋服を重ね着をして空気の層を作り暖める

⑤下半身を温める

⑥筋肉を付けて発熱する

⑦首を温める

⑧42度のお湯に5分ほど入浴する

⑨ショウガ、ニラ、にんにくを食べる、ココア、チョコレートも良い

 

また、がんの原因の1つに低体温もありますから、しっかりと体温は36度以上

理想は36,5度以上が望ましいですね

 

スポンサーリンク

 - 低体温