森からのおとどけニュース

時流にあった情報をお届けします

柳井氏、三木谷氏は経営者としてどうなの?

      2016/11/16


混迷していく都政、結果の出ないアベノミクス、想定外のオリンピック

予算、止まらない少子化、高齢化など

日本の未来は、今、正念場を迎えている

 

スポンサードリンク

そんな日本にあって、日本の経済を牽引していくのは各企業の経営者です

これからの日本にとって、必要な経営者像が、理解できるだろうとされる

発表がありました
フォーブス ジャパンが、2016「CEOランキング」を発表したのです

 

「日本を動かす経営者ベスト10」とは

 

ポジティブでグローバル、なおかつメッセージ性のある人を選びましたが

フォーブス ジャパンはこのCEOランキングというのは、比較するもの

ではないとしています

「日本を動かす経営者ベスト10」

1位    渡邉光一郎  第一生命保険
2位  北村邦太郎  三井住友トラスト・ホールディングス
3位  宮永 俊一  三菱重工業
4位  中山 譲治  第一三共 
5位  家次 恒   シスメックス
6位  片野板真哉  ANNホールディングス
7位  手代木 功  塩野義製薬
8位  平野 信行  三菱UFJフィナンシャル・グループ
9位  岡藤 正広  伊藤忠商事
10位   斎藤 恭彦    信越化学工業

 

2016-09-30_02h21_28

 

これは「社長力」を点数化し上位100人を選出、「財務パフォーマンス」

「ESG(環境、社会、ガバナンス)パフォーマンス」などを評価した上で

「経営の総合力」をつけ「日本を動かす経営者ベスト10」を選んだのです

 

スポンサードリンク

 

不確実性の高い時代です、経営者にとって手腕は最重要課題です、今後

彼らの舵取りは注目されるでしょう
しかしながら、皆さんの疑問は、なぜ、柳井氏や三木谷氏の名前が挙がら

ないのかと思いますよね

心配ありません!米フォーブスが、しっかりと選んでくれています

 

「世界で最もイノーベーティブな企業 日本部門」

1位  三木谷浩史  楽天
2位  家次 恒   シスメックス
3位  柳井 正   ファースト リティリング

時代を先取りした素晴らしい人達です

日本の未来は、彼らのこれからの動向で見ることが出来るかもしれません

 

「最もイノベーティブなスタートアップ」

1位  西川 徹  プリファード・ネットワークス
2位  関山和秀  スパイパー
3位  玉川 憲  ソラコム

 

彼らの技術開発はこれからの日本の強みとなるでしょう!

 

これから日本は、オリンピックも控えており、国際社会で賢いリーダー

シップが必要となります、期待できる人材は揃っていますね
政治の世界も希望の持てる人材を揃えて欲しいものです

 

スポンサーリンク

 

 - ニュース ,