森からのおとどけニュース

時流にあった情報をお届けします

仮想通貨と暗号通貨は違うものなの?

      2016/06/10

あなたは、仮想通貨って知っていますか
ちょっと前にビットコインの両替え所が潰れて
有名になりましたね

スポンサーリンク

あれ以来、日本では怪しいと思われていた仮想通貨は
以前より増して怪しいものだと、認識されてしまいました

しかしながら、仮想通貨について「怪しげなもの」と
捉えられているのは、恐らく日本だけなのです
しかも、仮想通貨という名称も日本だけ

世界では「暗号通過」と認識されています
投資に関心のある人なら、よく知っていますね
世界中で投資対象として、注目されているのですから
暗号通過とは、デジタル通過とか電子マネーと同じようなもの

ですから、実は、すでに日本でも使われているのです
例えば、電車に乗るためのsuica、自動車で使うETCカード
そしてTポイントカードなどですね

そういったカードはその1枚でコンビニなどの多くの店舗で
使えるようになりました
こうして、今では私たちの生活を便利にしてくれました

しかし、あなたはこういったカードを落としたりしたこと
ありませんか?
私は何度もあります、でも、戻ってきたことはありません
それに、チャージをしたものは現金にも戻せません

こういった問題を解決してくれるのが
この仮想通貨、つまり「暗号通貨」なのです

それは偽造されない、つまり暗号化された通貨であり
オンライン上にあるものなので無くしてしまう事はないのです

世界中でいつでも、どこにいても使えることができるのです
そして、現金に両替もできるのです
日本でも両替機は、すでに設置されています

スポンサーリンク

近年において、自国の通貨が危機に陥ったとき
一部の投資家や富裕層が暗号通過のおかげで
資産を守ることができました

暗号通貨を使うことでクレジットカードの手数料や
銀行の振込手数料などがかからなくなり
振込から入金などのタイムラグがなくなります

もうすでに、世界中の企業が暗号通貨での決済を導入し
大企業も参入しています
何といっても、投資目的の対象としては優良株でしょう

ただ、世界中にはこの暗号通過は、1200とも1500あるとも
言われ、そのほとんどは、価値のないものと言われています
それでも、ランキングの上位20位以内に入っている暗号通過なら
問題はないでしょう

ビットコインを扱っていたマウントゴックス社が
倒産して、日本でも知れ渡りましたが
非常に多くの方が誤解をしています

マウントゴックス社は、ビットコインの取り扱い所であって
株券を扱う証券会社と同じ括りです
ビットコインが危ないものではないのです

日本ではATMなどが充実しているため、日本人の私たちは
あまり不便を感じていませんが
インターネットがここまで生活に入り込んでいる今
暗号通過は、もっと身近なものになるに違いありません

スポンサードリンク

 - ニュース